ライダーマンのバイク日記

バイク好きのライダーの日記です。

昔のおもちゃが宝の山に・・・?

2017-07-17 by Posted in: 未分類

兄さんの家に遊びに行ったら、昔一緒に遊んだ古いおもちゃが出てきたと言って見せてくれた。

よくもまぁこんあにたくさん出てきたものだと、妙に感心しながら見ていたが、その種類の豊富さと、量の多さに少々あきれもした。

中でも、作っていない箱に入ったままのプラモデルと、今更絶対に使わないモデルガン、たくさんある古いトミカのミニカーが圧巻だった。

あとは超合金とか、部品が足りなくなって良く分からなくなった変形ロボットの類とか。

劣化したプラモデルや、マニアックすぎるモデルガンは良く分からないけれど、「トミカのミニカーとかあまり傷の入っていない超合金は、買取査定でもしてもらったら結構な額になるかもしれないな。」などと、よこしまなことを考えてしまった。

兄さんがどうするつもりかなんて知らないけれど、黒い箱や青い箱に入った懐かしいミニカーなんてのは、結構な高値が付くんじゃないのかな?超合金もそうだよね。子供のころには値段が高すぎて、高嶺の花だった。もうほんと、いいとこの坊ちゃんしか持っていなかったよね。

おれら貧乏人の子せがれは、まぁよく、雑誌の懸賞に応募したりして、なんとかゲットしてやりたいと思ったものよ。

まあ、結局あたりもせずに、金持ちの子の家に遊びに行ったりして、なんとか触らせてもらったり、そんな程度だったよね。

そうそう、だからさ、少年時代の憧れを今もなおひきづって生きている安月給のサラリーマンおじさんには格好のネタだよね。

きっとそんなおもちゃはさ、需要と供給のバランスから考えても、値段の高い、いわゆる高額査定になることは予想がつくよね。

だってさ、兄さんの見ていたら、俺自身がそいつらを欲しくなったもんね。

超合金、ミニカー、ラジコン・・・この辺は俺ら世代にとって、おもちゃ3種の神器だね。

そんなことを考えた休日でした。

 

ミニカーの査定、今どきはネットで出来るんだね。→ ミニカー査定についてのサイト

兄さんのトミカ、こっそり送っちゃおうかな?笑笑

 

 

 

 

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>